公開日: |最終更新日時:

プロミスで借りたお金の返済がきつい

プロミスで借りたお金を返せないと悩んでいる方に向けて、返済を滞納するとどうなるのかや返済できないときの対処法をまとめました。借金問題を解決するためにも、何をすべきか知るところから始めてみましょう。

プロミスの返済を滞納するとどうなる?

電話や書面などで督促の連絡がくる

返済期日を過ぎた場合、プロミスから借入金の返済を求める督促の連絡が電話やメール、ハガキなどで行なわれます。プロミスからの督促を無視し続けると内容証明郵便で督促状が届き、最終的には裁判所を通じて支払い督促や財産の差し押さえが行なわれることも。

繰り返し行われる督促は精神的に大きなストレスとなるため、プロミスからの連絡を無視・放置することは避けましょう。

遅延損害金が発生する

プロミスで借りたお金の返済が遅れると、遅延損害金(遅延利息)が発生します。遅延損害金とは、簡単に言うと遅延した分の利息のこと。通常の利息が4.5~17.8%なのに対し、遅延損害金の利率は20%、と高めに設定されているのが一般的です。

遅延損害金は1日遅れるごとに発生するので、滞納したまま放置すると返済額がどんどん膨らんでしまいます。そのため、遅延損害金が発生する前に対応することが重要です。

信用情報に滞納の記録が残る

返済が遅れると、滞納の情報が信用情報に記録されます。信用情報とは個人の金融取引にかんするデータが記録されているもので、記録されたデータは一定期間残ってしまうので要注意。クレジットカードや住宅ローンなどを申請すると返済能力や信用力を調べるために信用情報の記録が照会されるため、滞納の記録があると審査で不利になりかねません。

また、携帯やスマートフォンの端末を購入する際も、分割払いができなくなる可能性があります。

返済できないときはどうしたらいい?

プロミスコールに相談する

プロミスでは返済の相談窓口として、フリーダイヤルのプロミスコールが設置されています。プロミスコールに相談すると状況に応じた返済プランを提案してもらえるため、返済が難しいと感じた時点で早めに相談しましょう。

毎月の返済額を変更してもらうだけでも借金の負担を抑えられ、遅延損害金の発生や信用情報への影響を回避できる可能性があります。

債務整理を検討する

返済期日や返済額を変更しても借金を返せない場合は、債務整理を検討しましょう。債務整理とは、借入額を減額または免除してもらう法的手続きのことです。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3つがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。また、債務整理の手続きには法的な知識が必要となるので、自分に合った方法で借金問題を解決するためにも弁護士や司法書士といった専門家に相談するのが確実です。