公開日: |最終更新日時:

リボ払いの返済が終わらない…

リボ払いは高額な買い物をしても毎月の支払額が一定のため、一見するとお得に感じる支払方法です。けれど、リボ払いの仕組みを理解しないまま安易に利用してしまい、返済がいつまでも終わらない「リボ地獄」にはまる人も増えています。

ここでは、リボ払いの返済が終わらない理由や解決方法についてまとめました。

リボ払いの借金が減らない・返済が終わらない理由

手数料が高い

リボ払いの返済がいつまでも終わらない理由の1つとして、手数料の高さがあげられます。リボ払いの手数料の利率はクレジットカード会社によって異なりますが、年率15~18%程度が大体の相場です。これは消費者金融と同水準の利率で、一般的なクレジットカードの分割手数料に比べてかなり高額と言えるでしょう。

また、リボ払いの手数料で注意したいのが、元本ではなく、「支払残高」に対して発生する点。支払残高が高額なほど毎月の手数料も高くなるため、リボ払いの設定金額によっては毎月の支払額のほとんどが手数料で消えてしまうということになりかねません。

そうなると残高がいつまでも減らず、リボ払いの返済がずっと続くことになります。これが、いわゆる「リボ地獄」と言われる理由です。

残高の増加に気づきにくい

リボ払いはいくら利用しても毎月の支払額が基本的に一定のため、自分の借金の残高が現在どのくらいなのか把握しづらい支払い方法です。思わぬ高額の請求に驚くということがないので使い過ぎたと自覚するのが難しく、気がつけば高額な借金を抱えていたという状況に陥りやすくなります。

残高の増加に気づきにくいリボ払いだと返済状況も把握しづらいため、結果的にいつまでも返済が終わらないということになりかねないのです。

リボ払いの返済を終わらせる方法

毎月の返済額を増やす

リボ払いの返済が終わらない理由の1つが支払残高に対して発生する手数料の高さなので、まずは支払残高を減らすことがリボ地獄から抜け出すポイントです。

リボ払いの設定金額を変更して毎月の返済額を増やせば、支払残高が減り、手数料の負担も少なくなります。設定金額は、専用ホームページなどから変更可能です。

一括返済・繰り上げ返済する

リボ払いの返済を終わらせる一番の近道が、「一括返済」です。一括返済すれば手数料も発生しないため、リボ地獄にはまる心配もありません。一括返済が難しければ、毎月の返済とは別に支払残高の一部を返済する繰り上げ返済を検討しましょう。繰り上げ返済した分はすべて残高の返済にあてられるため、手っ取り早く残高を減らすことができます。

ボーナスなどまとまった収入があったときに繰上げ返済を活用し、残高を減らしていけば終わりが見えなかった完済までの道も開けるでしょう。

金利の低いサービスを利用して完済する

リボ払いを完済するために、金利の低いカードローンからお金を借りて返済にあてるという方法もあります。銀行系のカードローンならリボ払いの金利より低いケースが多く、利息や手数料の総額を軽減できる可能性があるためです。

ただし、多額の借り入れや返済を滞納している状態だと、カードローンの審査にそもそも通らない可能性もあります。また、借金を完済するために新たに借金をすることになるので、根本的な解決法とは言えません。

そのほかにも、利息や手数料の負担がラクになったことで借金が減った感覚に陥りやすくなるため、新たな借り入れをしないように注意が必要です。

任意整理などの債務整理で借金を減らす

毎月の返済額を増やしたり、繰り上げ返済をしたりしても完済が難しい場合は、債務整理を検討しましょう。

債務整理とは、借金を減額・免除できる法的手続きのことです。債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3つがあり、なかでも任意整理がリボ払いの返済に適しています。

その理由は、任意整理なら裁判所を介さずに債権者との直接交渉で手数料をカットできるため。完済のネックになる手数料が免除されるので、手続き後は支払残高だけを分割で返済することになり、借金を減らすことができます。債権者との交渉にあたっては、借金問題に詳しい弁護士や司法書士に依頼するのが確実です。